転職、就職する時にはスカウトの登録をすると採用の確立が上がる

転職する時にはスカウトの登録を 転職

最近は、スカウト制度を活用することで、効率的な転職活動をしている人がいます。企業が求人票を掲示し、求職者はその求人票を見て、自分が働きたい仕事を選んで企業に連絡するのがよくある形でした。しかし最近では、求人を出して応募を待つだけでなく、もっと企業が能動的に活動するようになっています。企業の側も、仕事を探している人を積極的にチェックして、いい人がいれば採用したいと考えるようになってきています。スカウトシステムはそういった企業と、求職者のマッチングを行うもので、求職者のほうが自分の情報を提示します。

スカウトの仕組み

企業側が、登録された求職者の情報をチェックして、自社に来てほしいと感じた人に連絡するという仕組みです。会社サイドから魅力を感じて声をかけた人材に面接を受けてもらうという形なので、採用までいく可能性が高まります。

転職はステップアップ

始めは、意欲を持って仕事に取り組んでいたとしても、辞めざるをえないこともよくあります。これまで得た知識や実績をもとに、よりステップアップがはかれる仕事につきたいと考える人も少なくありません。新しい仕事を求めて転職活動をする背景にあるものには個人差がありますが、仕事を続けてできるようになった技術は、これからの自分の基礎になります。経済情勢が低迷してい現在の日本では、転職活動はリスクもありますが、転職ならではのメリットも存在します。スカウトを利用して転職をすることは、今まで自分が培ってきたことを元にステップアップをはかるきっかけになります。

スカウト登録

スカウト登録

転職を志す場合には、どうやって転職活動を行うべきか、行動のバリエーションがふえています。就職支援サービスを提供している多くの求人サイトでは、スカウト専用の登録フォームが用意されています。転職活動の際にスカウトサービスを利用したい時には、スカウト用の登録手続きをして情報を入力します。必要な情報を入力すると、人材を探している企業が見てくれて、興味を持ってくれればオファーが来ます。スカウト登録後は、特に何をする必要もないので、毎日仕事をしながらでも、転職活動ができるのです。

採用の見込みは高い

採用の見込みは高い

■採用の見込みがなる
■求人を探す手間がない
■転職を迷っている時でも登録できる
■思わぬ条件の良いオファーがくるかも

企業のほうから声をかけてくれるので採用の見込みは高くなりますし、一つ一つ自分で求人を探す手間も省けます。求人サイトに登録した個人の情報は、人材を求めている企業が閲覧できて、会ってみたい相手には連絡をする仕組みです。会社からの面接依頼だけでなく、経歴や資格に応じた新しい求人が掲載されると、求人内容を届けてくれる仕組みもあります。スカウトのサービスは利用しないで、情報だけ得られるようにしておくことで、転職に迷っている段階での情報収集も可能です。自分に合う求人が、いつどのタイミングでやってくるかはわかりませんので、ちょっと早いうちから登録だけでもしておいてもいいでしょう。自分の知らなかった企業からスカウトメールが届くこともあるので、現在は転職を考えていない方でも、登録しておく価値は十分にあります。

まとめ

求人サイトのスカウト制度を利用すれば、転職活動に時間をかけずとも次の仕事を見つけることが可能ですので、非常に便利です。自分が登録をしておくだけで、思わぬ好条件の会社からオファーが来ることもあるので、転職を少しでも考えているなら登録だけでもしておくと良いと思います。実際に私も登録している時には自分が思いもつかない企業からのオファーが来たこともありました。自分の可能性やチャンスを広げるためにもぜひ取り入れたいサービスです。

転職支援サービス 【DODA】求人情報・転職支援会員募集

転職支援サービス 【DODA】求人情報・転職支援会員募集

パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。
まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。
専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。
転職にストレスを感じる方が多いと思いますが、少しでも無駄をなくしスムーズに進めることができるのが転職支援サービスの良いところだと思います。

100%マンツーマンの転職サポート!【株式会社Maenomery】

タイトルとURLをコピーしました