就職試験や面接を受ける時の対処法!質問内容

就職試験の面接を受ける時の対処法 転職

就職試験の面接は企業にとっても人材を選ぶ最後の決め手になることが多いです。そんな重要な場面をどう乗り切るのか、どう対応するのかで人生が変わります。そんな面接の対処法についてお話します。

担当者から質問はないか質問される

就職試験の面接では、担当者から質問はないか聞かれることがあります。もちろん、その会社が第1志望であるなら、さまざまな疑問点が出てくるかもしれません。ですが、第二、第三志望の会社の場合、聞きたいことと言われても、何も考えつかないことがあります。質問はないですかという質問からは、応募者が能動的な気持ちを持っているかどうかを判断しようとしています。的確な質問を出せる人であれば、企業側としても、有用な人材だと判断されるかもしれません。

まずは下調べすることが大切

■まずはHPなどの資料で業務内容を確認
■何か疑問に思ったり質問したいことはメモしておく

企業紹介や、会社の業務内容などの資料を見て、その会社への理解を深めておくことが、いい質問をするポイントです。もしも質問がないかと聞かれたら、その場になってから考えるのではなく、あらかじめ質問の候補をあげておくことです

まずは下調べすることが大切

何も質問が無い場合

■無理やり適当な質問はしない
■質問は無いが別のことでアピールする
■話の内容をメモするなど態度で示しておく

仮に質問がまったく出てこないなら、面接官はそれほど会社に就職したいという意志が無いのだと感じてしまいます。質問の有無はと聞かれた場合に、矢継ぎ早に質問をしろといっているわけではありません。本当は何も知りたいとは思っていないのに、強引な質問をしていると、相手にバレてしまうでしょう。面接の時は、要を得た質問をしっかり行えることで、担当者にいい印象を持ってもらえることもあります。受け答えをきちんとして、話の内容をメモするなどの傾聴の態度も示すといいでしょう。

まとめ

面接の時は必ずと言っていい程に緊張するはずです。それが普通なので大丈夫です。普段思いつかないようなことを質問されたり、適当な質問をされたりでどのように質問を返してくるのかを見ています。事前に企業に質問したい内容などをメモして準備しておくことで安心して面接を終えることができると思います。

転職支援サービス 【DODA】求人情報・転職支援会員募集

転職支援サービス 【DODA】求人情報・転職支援会員募集

パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。
まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。
専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。
転職にストレスを感じる方が多いと思いますが、少しでも無駄をなくしスムーズに進めることができるのが転職支援サービスの良いところだと思います。

100%マンツーマンの転職サポート!【株式会社Maenomery】

タイトルとURLをコピーしました