ホテルマンの身だしなみは?疑問や問題、髪型や恰好はどんな感じ?

ホテルレセプション ホテル転職

ホテルマンが気を付けている身だしなみのポイントや、面接の恰好から髪型までどうすれば良いのか分からないを解決しましょう。分からないことが多いと思いますが、これでもう大丈夫です。

ホテルマンの身だしなみ

ホテルマン

ホテルに行くと黒スーツに髪型もしっかりキメたスマートな方をよく見かけます。ホテルのイメージでも変わりますが、基本的に近いイメージだと思います。

ホテルでは基本的におもてなしの精神で見た目からさわやかで清潔感ある容姿が求められます。いつも身だしなみには、とても気を使う職業であることは間違いありませんね。この点を含めて深堀していきましょう。

ホテルマンの髪型(メンズ)

髪型メンズ

前髪の有無や襟足の長さの規定や髪色の規定、パーマスタイルはOKなのかなど、気になる点について解説していきましょう。

ホテルマンのメンズ髪型のマナーは、勤務するホテルや、ホテルが外資系か日系によっても変わってくるので、最終的には実際に勤務するホテルに確認することが必要になりますが、基本的に清潔感のある髪型がマナーとなるでしょう。

■清潔感のあるショートヘアー
■前髪は基本上げておでこを出す
■髪色は地毛の黒
■基本的にパーマはNG(一部のホテルではOK)
■毎日ワックスやジェル、スプレーでしっかりセット
■ひげはNG

清潔感のあるショートヘアー

ショートヘア

まずはじめに「清潔感のあるショートヘアー」です。メンズの髪型で清潔感がある髪型として考えられるのは、基本的にショートヘアの短い髪型が多いでしょう。

サイドは耳にかからない程度、襟足は肩にかからない長さであることが基本です。間違ってはいけないのが坊主です。坊主は基本的にNGです。セットをして清潔感の出る、自然な短髪になるよう美容室でカットをしてもらいましょう。

前髪は基本上げておでこを出す

前髪がある方は基本的にはおでこを出すので上げることになります。お客様に不快感を与えないために、勤務中に目にかかったり、前髪が崩れたりしないように気をつかう必要があります。

実際におでこを出すことにより実年齢よりも少し高く見えると思います。これは大人の雰囲気を出し、お客様からまじめでしっかりした人という好印象を持たれることにつながり、お客様に安心してホテルを利用していただけるようにする目的もあります。

基本的にはオールバックの髪型になることが多いです。

髪色は地毛の黒

黒髪

これは言うまでもなく元からの髪の色で大丈夫です。日本人は基本的に黒色なので大丈夫ですが、日焼けをしていたり少し茶色くて印象が悪いなと思った場合は黒く染めましょう。

基本的にパーマはNG(外資系の一部はOK)

基本的にパーマは清潔感を与えることが少なくホテル全般的に禁止しています。ただナチュラルな清潔感があるパーマは大丈夫なこともあります。

地毛がくせ毛だったりした場合は、清潔感を出すためにナチュラルなストレートパーマや、癖をおさえる程度なら良いと思います。

毎日ワックスやジェル、スプレーでしっかりセット

髪型はワックスやジェルを使って必ず固めた方が良いです。仕事中に落ちてこないようにすることが基本です。ワックスを使った場合は必ず最後に無香料のハードスプレーで固めましょう。

ジェルは固まった時に白くならないように使用する量を気を付けてください。

ひげはNG

髭剃りをする男

いうまでもないですが髭はNGです。

基本的に面接の時も清潔感が大事です

スーツを着た男女

清潔感のない髪型のホテルマンは基本的に少ないです。ホテルはそういう決まりになっているからです。面接の時からしっかりとした印象を与えて、アピールしましょう。

当日にはじめてその髪型をするのではなく、事前に何度もセットして同じスタイルをキープできるように練習しておくことが重要です。

私が良く使用していた髪型のセットアイテム

私は少し長めの髪型だったので、まずはドライヤーで寝ぐせを直し、ワックスを使用してオールバックにします。そして鏡で後ろの髪を見ながら頭の形が良くなるように整えます。

私は全体的に自然な仕上がりにしたかったので、少しづつ崩して髪が流れる感じにして完成の形を作ります。

仕上げにスーパーハードのスプレーを全体にかけておしまいです。

恰好やスーツに関して

ネクタイ

■制服は貸し出し
■中のシャツは自分で用意
■クリーニングが安くできたり無料

ホテルでは制服の貸し出しがありますので基本的に通勤は私服で大丈夫です。仕事終わりには私服で帰れるので基本的に楽です。

ホテルの更衣室にはシャワールームが完備されていることが多く、洗面所もあるので早めに出勤して髪型や容姿のチェックは容易です。

白のシャツに関しては自分で用意することが多いと思います。制服やシャツは従業員用のクリーニングがホテル内に完備していることが多く、無料なことが多いです。これで制服やシャツのしわを気にしなくて大丈夫です。

靴下、靴は黒色で

革靴は黒が基本です。必ず個人のロッカーを用意してくれますので、靴はロッカーに入れて履き替えるスタイルがおすすめです。

毎日綺麗な黒の革靴を綺麗に使用しましょう。靴下に関しては黒色が無難です。

最近は革靴でもスニーカーのように軽く走れる革靴も出ています。ホテルマンは立ちっぱなし、歩き回ることが多いのでおすすめです。

足のことを追求して研究してできたこのミズノの靴は本当に足への負担が少ないです。走れるビジネスシューズでミズノウェーブで膝や腰にも負担を掛けません。

腕時計はシンプルに

スーツを着た男性のボディーパーツ

ホテルマンでロレックスや、ウブロ、ハイブランドの時計などの使用はやめましょう。

基本的にシンプルなデザインでしたら大丈夫ですが、腕からキラキラと輝く時計はお客様にとっては不快に思われる方もいます。できるだけシンプルなデザインを選びましょう。

ロッカー入れておくと便利なアイテム

ロッカー

■鏡
■ジェル、ワックス、ハードスプレー
■シャンプー、ボディソープ、ドライヤー
■タオル
■必要な分のハンガー
■靴用消臭スプレー類、靴磨きセット
■予備の革靴
■歯磨きセット

上記はロッカーに入れておくといざという時に便利なアイテムです。鏡は洗面所で後頭部までしっかりチェックできるのでおすすめ。

家から髪型をセットしていく場合でももし崩れた場合にジェルやワックス、スプレーは入れておきましょう。

シャワーを浴びる際に便利なアイテムも旅行用程度で良いので入れておくと帰りにそのまま遊びに行く時に便利です。

靴は予備を入れておくと何かあった時にすぐに対応できます。私は毎日履き替えておりました。

あわせて読んでいただきたいのがこちら

ホテルマンの転職!就職までの流れを紹介!未経験でも大丈夫

まとめ

レストランホール

ホテルには色々と決まりがありますが、面接からしっかりアピールできるように髪型やスーツにも注意して準備していきましょう。

採用が決まってしまえばホテル側から、規則や髪型に関することなどを全部まとめた用紙をもらえると思います。そちろを見ながら準備していきましょう。

もし間違っていたりした場合は教えてもらえるので言われたことを素直に受け入れて実行すれば大丈夫です。どうでしょうか?色々な不安に思うことは少しは解消されましたか?少しでも解消できていたら幸いです。

転職支援サービス 【DODA】求人情報・転職支援会員募集

転職支援サービス 【DODA】求人情報・転職支援会員募集

パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。
まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。
専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。
転職にストレスを感じる方が多いと思いますが、少しでも無駄をなくしスムーズに進めることができるのが転職支援サービスの良いところだと思います。

100%マンツーマンの転職サポート!【株式会社Maenomery】

外食産業・飲食店特化型転職支援サービス【itk(アイティーケー)】

ホテルの飲料部やウェディング、カフェ、キッチン、ソムリエ、パティシエ、ブーランジェ、フレンチ、ホールスタッフ、支配人、料理長等の求人まで取り扱う無料の転職支援サービスです。

タイトルとURLをコピーしました